京都の賃貸



 家のテイストをメルヘンデザインにしたい場合は、色々な工夫が必要となってきます。
まず、屋根です。屋根を瓦にする場合は、古びた感じがするグレイのものを使う人が多いですし、屋根の形状も曲線を描いた形になります。

また、屋根を草屋根にすると、メルヘンな雰囲気が出ます。自然に生えてきたようなイメージにすることが、とても大切なためです。
家の壁はしっくいや石壁が多く、曲線が多くなります。あまり角張ったものにすると、求めているテイストと異なってきてしまいます。

 

その他、窓の形も工夫が必要です。

丸い窓なども良いですし、四角い窓でも木製の窓を使うようにします。大切なのは玄関ドアで、こちらも木製のもので曲線が入っているものが良いでしょう。